Appleの2020年度第1四半期の電話会議の最後で日本について言及しています

Appleの2020年度第1四半期の電話会議の最後で日本について言及しています

MacDailyNewsは、2020年1月28日午後5時(米国/午後2時)から始まるアナリストとAppleのQ120電話会議のライブノートを公開しています

Appleは、Appleの業界をリードするQuickTimeマルチメディアソフトウェアを使用して、2020年度第1四半期の電話会議のライブオーディオストリーミングを提供します

このストリームは、iOS 10以降でSafariを使用するiPhone、iPad、またはiPod touchで体験できます

macOS Sierra 10.12以降でSafariを使用するMac、または、Windows 10とMicrosoft Edgeを使用するPC

AirPlay経由でApple TVにストリーミングするには、最新のApple TVソフトウェアまたはtvOSを備えたApple TV(第2世代以降)が必要です

他のプラットフォームでも、ChromeまたはFirefoxの最新バージョンを使用してストリームにアクセスできる場合があります(MSE、H.264、およびAACが必要です)

スポンサーリンク

2020年度第1四半期の電話会議のライブノート

電話会議で2020年度第1四半期の決算報告をした後、アナリストの質問に答える最後に日本に言及しています

  • アナリスト:iPhoneの収益成長の持続可能性は?
  • Tim Cook:次の四半期のガイダンスを提供しましたが、それ以上のことは話しません
  • Luca Maestri(Apple CFO):日本は、規制の変更によるiPhoneのパフォーマンスにより、前年比10%減少しました(iPhoneの価格は2年契約とは無関係です)
  • 日本にある7台のスマートフォンのうち6台はApple iPhoneでした(難しい環境での強力なパフォーマンス)
  • 日本はAppleサービスとウェアラブルに強く、日本のカスタマーは非常に忠実です

(Via Mac Daily News.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)