Appleは現在、競合他社よりもよりテンポを速めてAI企業を買収

Appleは現在、競合他社よりもよりテンポを速めてAI企業を買収

Appleは将来に投資

CB Insightsは、Appleが現在Google、Microsoft、Facebook、Amazonよりもよりテンポを速めてAI企業を買収していると報告しています

また、2018年にAppleに入社し、現在はシニアVP機械学習とAI戦略としてエグゼクティブマネジメントのトップに元GoogleのAIと検索チーフのJohn Giannandreaを採用しています

Giannndrea氏がトップに居るということは、業界をリードするマシンインテリジェンスを最先端に置く方法を模索しているAIとAI関連の買収が、実際に同氏にゴーサインを与えられたことを意味します

Appleが2010年以降買収したAI関連企業20社

  1. Xnor.ai
  2. Drive.ai
  3. Shazam
  4. Silicon Valley Data Science
  5. Tueo Health
  6. Silk Labs
  7. Laserlike
  8. Pop Up Archive
  9. Init.ai
  10. Regaind
  11. Lattice Data
  12. Tuplejump
  13. Turi
  14. Emotient
  15. Perceptio
  16. VocalIQ
  17. Cue
  18. Novauris Technologies
  19. Polar Rose
  20. Siri

スポンサーリンク


これらの購入のすべてについてかなり興味深いのは、最新の買収がマシンイメージングにどれほど密接に関連しているかです

実際、Bedditを含めると21あり、2018 Tueo Healthの購入と組み合わせることで、Appleのデジタルヘルスの計画について少しヒントが得られます

しかし、現時点では、Appleの仕事の主な推進力はイメージングのマシンインテリジェンスにあると思われます

それは計画の全体ではありませんが、少なくとも優れたTriton Spongeソリューションが2018年にApple Design Awardを受賞した理由を示しています

AIブーストマシンイメージング、モーションセンサー、心拍、その他のバイタルサインの組み合わせを使用して、センサーは人について他に何を伝えることができるか?

Apple CEOのTim Cook氏のデジタルヘルスプランへの多くの言及により、これはすぐにわかる多くのことの1つに過ぎないようです

(Via Apple Must.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)