Appleのサービス部門が2024年までに年間収益で1,000億ドルに達する可能性がある

Appleのサービス部門が2024年までに年間収益で1,000億ドルに達する可能性がある

Evercore ISIアナリストのAmit Daryanani氏は、AppleのApp Store、Apple TV +、iTunes Store、Mac App Store、Apple Music、Apple Pay、AppleCare、Apple Arcade、Apple News +などを含むサービスカテゴリの年間収益は、2024年までに年間1,000億ドルに達する可能性があると公開しています

Barron’sで同氏は、Appleのサービス部門が2024年までに1,000億ドルの収益を上げる道筋を立てました

Appleが過去5年間で平均20%のサービス成長を達成したことを指摘しました

使用されているiPhoneやその他のデバイスは、イノベーションではなく成長しています、新しいサービスのセットは、ユーザーあたりの平均収益を増やし、Appleがサービスの成長を維持し、潜在的に増加させることを可能にすると考えています


「特に収益化とサブスクリプションベースモードへの成長のシフトを考えると、サービスは過小評価された成長手段のままです」と彼は書いています

Daryanani氏は、Appleが2024年9月の会計年度を通じて19%の複合成長を維持できると考えていて、32%がApple Musicで、41%がApple Payで予測されています

彼は、Apple ArcadeとApple TV +が2024年末までにそれぞれ8,000万〜9,000万人の加入者に到達できると考えています

スポンサーリンク

売上高1,000億ドルで、サービスはAppleの合計の30%を占め、粗利益の45%を占め、2019年の30%から増加します

2020年のサービス収入は、2019年の463億ドルから558億ドルになります

またDaryanani氏は、Appleが新しい成長オプションを失っているとは考えておらず、彼は、ヘルスケア、拡張現実、および広告を潜在的な重点分野と考えています

(Via Barron’s.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)