Apple、iCloudのiPhoneバックアップ暗号化計画を断念

Apple、iCloudのiPhoneバックアップ暗号化計画を断念

Appleは、ストレージサービスのiCloudを通じてのiPhoneのバックアップの暗号化計画を断念したと、Reutersは報告しています

これは、FBIの犯罪捜査に妨げになるとの苦情に配慮し決定したと言われています

Apple デバイスは、デバイス上のデータを保護するという評判は十分にありますが、iCloud を使用して作成されたバックアップは別の問題です

この情報は攻撃者を阻止するために暗号化されていますが、Apple はそれを解読するための鍵を保持し、法的に必要な場合は警察や政府と共有します

Electronic Frontier Foundationのようなプライバシー擁護者は長い間、この取り決めを批判してきたが、Appleはユーザーが自分のアカウントからロックアウトされた場合に必要だと言っていました

iCloudバックアップについては、「ユーザーはキーを持っており、私たちもキーを持っている」また「一部のユーザーがキーを紛失したり忘れたりして、データを取り戻すための支援を期待しているユーザーがいるためです」と2019年にCEOのティム・クックは述べました

スポンサーリンク


2018年に、Appleはデバイスで使用されているのと同じエンドツーエンド暗号化をユーザーのiCloudバックアップに適用することでこの抜け穴を閉じることを計画していたと伝えられていますが、計画は前進しませんでした

Reutersは現在、この問題についてFBIと話し合った後、Appleが方針を転換したと報じています

Appleの広報は、バックアップ暗号化に関する扱いやFBIとの協議を巡るコメントを控えています

(Via Reuters.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)