レポートによると、iPhone 11は2019年第4四半期の売上の69%を占める

レポートによると、iPhone 11は2019年第4四半期の売上の69%を占める

Consumer Intelligence Research Partners (CIRP)の最新のレポートによるとiPhone 11、11 Pro/11 Pro Maxは2019年第4四半期の売上高を支配しています

2019年第4四半期の売上

iPhone 11は、米国でのiPhone売上の69%を占め、iPhone 11 がその数字の39%を占めています

これらの調査結果は、2019年10月から12月の間にiPhone、iPad、Mac、またはApple Watchを購入した米国の500人のApple顧客の調査に基づいています

CIRP 2019Q4 00001 z

スポンサーリンク


CIRPパートナーおよび共同設立者の Josh Lowitz氏は次のように述べています

最新のiPhoneモデルは、この四半期の売り上げの3分の2以上を占めています。そして、iPhone 11がそのシェアの半分以上を占め、総売上の39%を占めました。現在、これは製品ラインの主要モデルです。同時に、iPhone 11 ProとPro Maxはそれぞれ15%のシェアを獲得しました


2018年にリリースされたiPhone XRは、新しいサイズのプロファイルを導入し、低価格で人気を維持しています。1年前、iPhone XRは今年のiPhone 11のように四半期を支配しました。当時の新しいiPhone XSとXS Maxは、直近の四半期のiPhone 11 Proと11 Pro Maxに比べて、合計シェアがやや小さかった

米国でのiPhoneのCIRPの加重平均小売価格は809ドルで、2019年9月四半期の783ドルから増加していますが、2018年12月四半期の839ドルのピークを上回っていません

CIRP 2019Q4 00002 z

(Via Consumer Intelligence Research Partners.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)