iPhone 2020には、初めて中国製のOLEDパネルが搭載される

iPhone 2020には、初めて中国製のOLEDパネルが搭載される

中国製のOLEDスクリーン

韓国メディアの報道によると、中国最大のスマートフォンブランドであるHuaweiの主要なスクリーンサプライヤーの1つでもあるBOEはOLEDパネルを供給できると報告しています

韓国のアナリストによると、BOEは2021年にiPhoneの向けに4,500万枚のOLEDパネルを出荷します

Samsungは引き続きiPhoneの注文の大部分を保持しますが、注文は昨年減少しました

Samsungは、2017年にAppleのiPhoneの最大のOLEDディスプレイサプライヤーになりました

BOEのパネルを使用し、その後はAppleはOLEDディスプレイの注文をBOEとLGディスプレイが多くなり、Samsungの依存度が減少すると見ています

別のレポートでは、来年のアAppleのiPhone 12シリーズは、TSMCの5nmプロセスに基づくA14チップセットを使用し、来年初めに試作を開始し、2020年第2四半期までに量産を開始する予定です

(Source RPRNA , Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)