Twitter、AppleのLive PhotosをサポートしGIFでアップロードできるようになる

Twitter、AppleのLive PhotosをサポートしGIFでアップロードできるようになる

Live Photosをサポート

Twitterは本日、AppleのLive Photosのサポートを発表しました、これで、TwitterにアップロードしてGIFとして共有できるようになりました

Appleは2015年にiPhone 6sおよび6s Plus とともに Live Photos を初めて導入しましたが、ほとんどのソーシャルネットワークはまだこの形式をサポートせず、アップロード時に Live Photosの再生を許可していません

Live Photosは、静止画に動きを加えて生き生きとさせるように設計されています。「Live Photos」を有効にしてiPhoneで写真を撮ると、iPhoneはショットの前後数秒間のビデオをキャプチャして、動きを可能にします

スポンサーリンク


Live PhotosをTwitterにアップロードしてツイートで共有すると、Live Photosがアニメーションを表示するGIFに変換されます

ユーザーはiOSのTwitterアプリでLive Photosを選択し、GIFボタンをタップするだけでアップロードできます

Live Photosを共有したいが、アニメーションGIFとして共有したくない場合は、GIFボタンをタップするだけで回避できます、これにより、従来の静止画としてアップロードされます

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)