2020年のミニLEDディスプレイ、 Macbook ProとiPad Proの予測を裏付ける新しいレポート

2020年のミニLEDディスプレイ、 Macbook ProとiPad Proの予測を裏付ける新しいレポート

DigiTimesとEconomic Daily Newsも

昨日、サプライチェーンアナリストのMing-Chi Kuo 氏は、 Appleが2020年に新しいミニLEDディスプレイ技術を搭載する2つのデバイスをリリースすると予測する研究ノートをリリースしました

MacRumorsによると、これらの予測を確認するために、さらに2つの報告が追加されています

台湾のDigiTimesとEconomic Daily Newsは、Appleが2020年にミニLEDディスプレイを搭載したiPad ProとMacbook Proをリリースし、ディスプレイメーカーGISが新しい画面のコンポーネントの主要サプライヤーになると報告しています

DigiTimesは、新しいテクノロジーを採用した最初のiPad Proは12.9モデルであり、2020年の第3四半期に出荷を開始すると述べ、16インチMacbook Proが最初にアップグレードを取得すると述べました

スポンサーリンク

究極のスクリーン技術

噂のミニLEDディスプレイが刺激的なのはなぜなのか?

ミニLEDディスプレイは、Appleの現在のモニターパネルのどれよりも多くのLEDを詰め込みます

Kuo氏は、MacBook ProのミニLEDスクリーンには約10,000個のLEDが含まれることを期待していると述べています

比較のために、AppleのPro Display XDRは、これまでで最高品質のモニターであり、576個のLEDが含まれます

ミニLEDディスプレイは、OLEDスクリーンに発生する焼き付きの問題を回避しながら、優れたHDR性能、高コントラスト、広い色域でOLEDディスプレイの優れた品質を維持できます

ミニLEDパネルは、これらすべてを実現すると同時に、薄くて軽量です、それは、MacBook Proで旅行する必要のある人を喜ばせるだけでなく、軽量デバイスに関してはAppleの悩みを満足させるでしょう

そして、AppleがMacBook Pro 16の冷却を全面的に見直したので、もはやパフォーマンスをひどく制限する必要がありません

(Via Digital Trends.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)