2020年iPhoneはアンダーディスプレイ超音波指紋センサーを搭載すると噂される

2020年iPhoneはアンダーディスプレイ超音波指紋センサーを搭載すると噂される

2020年または2021年に

経済デイリーニュースによると、Appleは台湾のタッチスクリーン関連メーカーのGISと来週会うための代表者を手配し、アンダーディスプレイ指紋スキャナー付きのiPhoneの開発について議論すると報告しています

報告書によると、Appleは2020年に発売予定の少なくとも1台のiPhoneモデルでQualcommの超音波指紋センサー技術を使用する計画ですが、2021年になる可能性もあり、GISはQualcommと協力して必要なコンポーネントを供給します

現在、光学ディスプレイと超音波を含む2種類のアンダーディスプレイ指紋センサーがあり、光学バリアントは、スマートフォンのディスプレイからの光に基づいて指紋の2D画像を作成し、超音波バリアントは、高周波音を利用して指紋の3D画像を生成します

スポンサーリンク


QualcommはすでにSamsung Galaxy S10とGalaxy Note10スマートフォン用の超音波指紋センサーを提供していますが、iPhoneは2020年または2021年までにさらに高度なバージョンの技術を使用する可能性があります

超音波技術はOLEDディスプレイでのみ機能

バルセロナで開催された2019年モバイル・ワールド・コングレス会議のサイドラインに関する非公開のブリーフィングで、QualcommのGordon Thomasディレクターは、同社がGordon Thomasの最新スマートフォンで使用されるものよりもさらに大きなアンダーディスプレイ指紋センサーを作成する計画であることを明らかにしたと伝えられており、最終的にはディスプレイ全体で動作するセンサーを開発することを目標にしています

偶然かどうかにかかわらず、アンダーディスプレイ指紋スキャン機能を備えたiPhoneについてのうわさは、フルスクリーンソリューションになることを示唆しています

超音波技術はOLEDディスプレイでのみ機能するため、センサーはハイエンドのiPhoneに限定される可能性があります

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)