米国のAppleクライアントのApple TV所有率は25%、HomePod所有率は10%

米国のAppleクライアントのApple TV所有率は25%、HomePod所有率は10%

Appleのアクセサリー事業は成長

Consumer Intelligence Research Partners(CIRP)からの新しいデータによると、米国のAppleクライアントのほぼ4分の1がApple TVを所有しています

この調査は米国のアップルのクライアントに、自分が所有しているデバイスを尋ね、Apple TVは「その他の製品」カテゴリーでトップに立ち、セットトップボックスがAirPodsやApple Watchよりも広く使用されていることを示唆しています

CIRPパートナー兼共同創設者のMike Levin氏は「Apple TVは長年使用されてきたので、この浸透を達成したことは驚くことではない」と述べています

CIRP 1006 00001 z

Apple Watchは「その他の製品」部門で2位に入り、Appleのクライアントの約20%がiPhoneアクセサリーを所有し、AirPodを所有している顧客は10%未満でした

スポンサーリンク


調査では、新しい売上を集計するのではなく、購入時期に関係なく、2019年9月時点で使用されているデバイスに注目してください、この結果は昨年の「Apple TV」の普及率が数パーセント上昇していることを示しています

これは、11月1日に20億ドル相当のオリジナルプログラミングを提供する同社のストリーミングサービスである「Apple TV」+の前兆です

CIRPが実際に提供したデータは、HomePodの使用が大幅に増加していることを示していることに注目してください

また、CIRPはiPhoneの販売について比較的大ざっぱな声明を発表し、Appleは「6年間で四半期に米国のインストールベースに最も少ない数のiPhone」を追加したと述べましたが、殆どのマーケットレポートと違っています

データが約500のApple顧客の比較的小さなサンプルグループへのインタビューに基づいていますが、付属の製品とサービスをクライアントに提供するというAppleの戦略的動きがうまく機能していることを強く示唆します

(Via Apple Must.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)