Ming-Chi Kuo氏、Appleは2020年に3,000万台の「iPhone SE 2」を販売できると予測

Ming-Chi Kuo氏、Appleは2020年に3,000万台の「iPhone SE 2」を販売できると予測

iPhone SE 2

アナリストのMing-Chi Kuo氏は投資家へ新しいリサーチノートで、Appleが2020年上半期に「iPhone SE 2」がリリースされ、少なくとも2,000万台、最大で3,000万台の販売予測を公開しました

Kuoによると、「iPhone SE 2」はマザーボードに10層のサブストレートのようなPCB(SLP)を使用するため、Pending Holdings、Xinxing、AT&Sなどの一部のiPhoneサプライヤにとっては、より安価であると予想されるにもかかわらず利益をもたらします

以前のリサーチノートで、Kuo氏は「 iPhone SE 2 」についてかなり多くの詳細を公開しており、多少紛らわしい名前にもかかわらず、実際には「iPhone 8」に設計と仕様が近いものです

スポンサーリンク


IPhone SE 2 2020 00001 z

このデバイスは、4.7インチディスプレイ、単一レンズの背面カメラ、およびTouch ID指紋センサーを備えています。 iPhone 11 および11 Proと同じA13チップを搭載し、3GBのRAMを搭載します

今後のiPhoneについて「 iPhone SE 2」は、価格は399ドルと予想されていて、その価格帯では、Appleが現在449ドルで販売している iPhone 8に取って代わります

Appleの今後の低コストのiPhoneは、iPhone 6や6sなどの古いモデルを引き続き使用し、同じ速度と多くの機能を提供する手頃な価格のアップグレードオプションを探しているiPhoneユーザーにとって非常に人気のあるアップグレードオプションになると予想されます

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)