Appleの新しい「AirTag」スクリーンショットにより、アプリ「探す」のレイアウトを表示

Appleの新しい「AirTag」スクリーンショットにより、アプリ「探す」のレイアウトを表示

AirTag

新たにリークされた2つのスクリーンショットによると、Appleは噂の「AirTag」トラッカーのアプリ「探す」で統合に関する作業を継続しているようで、Tileのようなデバイスが正式な発売に近づいていることを示唆しています

AppleはTileのようなワイヤレストラッキングに取り組んでおり、iOS 13.2 AssetDataフォルダー内のファイルに基づいてAirTagsという名前が付けられたと考えています

更新されたアプリ「探す」で動作するApple製のトラッカーの噂は、Appleが紛失したAppleハードウェアの追跡から他のアイテムに移行することを示唆しています

6月に見つかった「タグ」ハードウェアリファレンスは、AirTagsの存在を最初に示唆し、アプリにタイルのような機能を追加することを示唆していました

スポンサーリンク


MacRumorsの読者が、アプリ「探す」の更新されたAirTagsセクションを示す追加のスクリーンショットを発見しました

スクリーンショットには、更新されたアプリ「探す」と下部のバーに「People」、「Devices」、「Items」、および「Me」が表示されます

スクリーンショットでは、AirTagsはまだコード名「B389」で参照されています

AirTag 00002 z

他のスクリーンショットは、AirTagsのセットアッププロセスを示しています、AirTagsのタブを引っ張り、iPhoneの範囲内に移動します

「AirTags」がいつリリースされるかはまだわかりませんが、Appleは各「ベータ」に新しい「AirTags」情報を追加しているため、年末までに「AirTags」が発売される可能性があります

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)