Apple、スローモーションとセルフィーを組み合わせた「Slofie」の商標出願を提出か?

Apple、スローモーションとセルフィーを組み合わせた「Slofie」の商標出願を提出か?

Slofie

iPhone 11およびiPhone 11 Proモデルの新機能の1つは、アップグレードされた12メガピクセルの前面TrueDepthカメラシステムです

これは初めて、120 fpsのスローモーションビデオを撮影できます

Appleは2019年のiPhoneを紹介する際に、スローモーションとセルフィーを組み合わせて「Slofie」という単語に新しい機能を追加しました

AppleがiPhoneイベントでこの機能について最初に言及したとき、「Slofiie」は重大な言葉のようには聞こえませんでしたが、同社はWebサイトの複数の場所で「Slofie」を宣伝しています

正面カメラで撮影されたスローモーションビデオは、以前は背面カメラで利用できたスローモーションビデオと同一であり、ユニークな超スロー効果のためにモーションをスローダウンします

「Slofie」は、単に「Slo-mo」と呼ばれるカメラアプリの機能の説明には使用されません

スポンサーリンク


「Slofie」が飛び立ち人気のある機能になるかどうかは明らかではありませんが、Appleは確かにそれを実現することを目指しています

Appleが9月10日にステージ上でこの単語を使用する前は、「Slofie」の用語は広く使用されていなかったため、Appleが商標を取得する可能性があります

Appleの商標への移行により、他のスマートフォンメーカーが同様の機能名でデバイスを販売できなくなり、「Slofie」という用語がiPhoneのみに関連付けられるようになります

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)