無料の Apple TV+ サブスクリプションはサービスの収益としてカウントされるのか?

無料の Apple TV+ サブスクリプションはサービスの収益としてカウントされるのか?

TV+サービスの1年間の無料トライアル

ゴールドマン・サックスは、Apple TV+サービスの1年間の無料トライアルは、ハードウェアの利益率を低下することで収益に「重大なマイナスの影響」を与えるだろうと述べました

ゴールドマン・サックスは、この問題が株価を大幅に下げると考えているため、、今後12か月間に株価が25%を超えるスライドを予測しまし、Appleの12か月間の価格目標を187ドルから165ドルに引き下げました

このメモはAppleを不適切な会計だと非難するものではありませんでした、代わりに、ゴールドマン・サックスのアナリストであるRod Hall氏は、TV +の無料試用の結果、ハードウェアの利益率が低下すると考えています

Apple TV+ Streaming Wars 00003 z

Hall氏は、これが2020年度第1四半期に「EPSへのマイナスの影響を計算すると16%」になると述べました

Appleの株式は、金曜日に2.6%も下落したが、最終的には1.9%下落して1株当たり218.75ドルで取引を終えました

スポンサーリンク

サービスの収益としてカウントされるのか?

Appleは、再生可能なAppleデバイスを新しく購入した人に、無料のApple TV +を提供します

その提供が限られている間に加入者リストを構築するのは賢明な動きであり、それらの無料のファミリー加入はすべて、年が来たら4.99ドル/月の加入に変換されます

しかし、人気のあるストーリーがApple TV+を立ち上げてサービスの収益ラインを高めることであれば、これらの無料サブスクリプションのすべてを手放すことは、Appleが1年間その利益を得られないことを意味するのでしょうか?

Appleは、昨年後半にハードウェアにバンドルされているサービスの会計処理方法を変更しています

2019年以降、新しい収益会計基準の採用に関連して、Appleは、iPhone、iPad、Mac、およびその他の特定の販売価格にバンドルされているMaps、Siri、および無料のiCloudサービスの繰延価値の償却を分類します製品、サービス純売上高。歴史的に、Appleはこれらの金額の償却を、管理報告フレームワークと一致して製品の純売上高に分類しました。その結果、2018年の純売上情報は2019年の表示に適合するように再分類されました

つまり、Appleは現在、マップ、Siri、および無料の5GBの無料iCloudストレージを誰もがデバイスをサービスとして取得し、Appleハードウェアの販売から少額の資金を取り、サービスの収益ラインに配分することを意味します

Apple TV +バンドルは完全に類似しているわけではありませんが、無料の年にサインアップする必要があります、しかし、これらの他のサービスは認識なく使用されています

Apple がハードウェアの売上高から少しの収益を引き出し、誰かがApple TV +の無料年にサインアップするたびに、それがサービスの収益となります

(Via Six Colors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)