iPhone 11およびiPhone 11 Proでは双方向充電のハードウェアは搭載されているが、ソフトウェアで無効になっている

iPhone 11およびiPhone 11 Proでは双方向充電のハードウェアは搭載されているが、ソフトウェアで無効になっている

双方向のワイヤレス充電

信頼性の高いiPhoneのリーカーによると、iPhone 11とiPhone 11 Proは、AirPodsワイヤレス充電ケースのようなワイヤレス充電に必要なハードウェアを備えていますが、現在はソフトウェアで無効になっています

この情報は、信頼できる情報源から情報を得たと主張するSonny Dicksonを介してTwitterで公開されました


スポンサーリンク


双方向充電は、iPhoneデバイスが別のデバイスを充電することを可能にします、これは、ワイヤレス充電パッド上のデバイスを充電するのと同様の方法で動作します

発表の数か月前、最新のiPhoneはQiベースのデバイス間充電機能を搭載し、iPhoneの背面でApple Watch、AirPods、およびその他のアクセサリを充電できると噂されていました

iPhone 11モデルの中央に配置されたAppleロゴは、AirPods、Apple Watch、またはその他のアクセサリをiPhoneの背面に充電する場所を顧客が把握できるようにすることも一部目的と考えられていました

しかし、今週のAppleのイベントの数時間前に、アナリストのMing-Chi KuoとBloombergのMark Gurmanは、この機能は「充電効率がAppleの要件を満たしていない可能性があるため、この機能はおそらく放棄された」キャンセルされたようだと指摘ていました

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)