Apple、Apple Storeでサブスクリプションの自動更新の請求猶予期間を導入

Apple、Apple Storeでサブスクリプションの自動更新の請求猶予期間を導入

Appleは本日、自動更新に失敗した加入者がアプリの有料コンテンツを引き続き使用できるようにするサブスクリプションの新しい課金猶予期間を発表しました

これは、サブスクリプション料金が支払い期限になったときにすぐに請求を更新しないお客様が、現在すぐにプレミアム機能にアクセスできなくなる可能性があるため、開発者にとって便利な機能です

Apple の新しいオプションは、お客様がこれらのプレミアム機能にアクセスできる短い期間を提供し、課金の問題を解決する時間を与えるように設計されています

猶予期間はサブスクリプションの登録期間によって異なります

  • 1週間 → 6日間
  • 1か月 → 16日間
  • 2か月 → 16日間
  • 3か月 → 16日間
  • 6か月 → 16日間
  • 1年 → 16日間

Appleによれば、新しい猶予期間内に支払いが成功した場合、加入者の有料サービスの日数や開発者の収益に対する中断は生じないだろうと言います

サブスクリプション アプリを持つ開発者は、新しい請求猶予期間のサポートを実装できるようになりました

詳細は、Developerサイトの「Billing Grace Period Now Available in App Store Connect」で

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)