Apple、サービスとApp Storeで新たな利益を見つける

Apple、サービスとApp Storeで新たな利益を見つける

Appleは、2008年の発売以来、iPhoneの成長を牽引しiPhoneはAppleの売り上げの大半を占めてきました

2013年度(9月末)は、iPhoneが売上の53.4%を占めました、2014年は55.8%、2015年は66.3%、2016年は63.4%、2017年は61.6%、2018年は62.8%に上昇しました

競争の中でiPhoneの売上が減少

しかし、iPhoneは今年の6月四半期の総売上高の50%未満をめています、iPhoneの成長鈍化は投資家の懸念の原因です

世界のスマートフォン市場は成熟し、Appleは主力製品の需要を生み出すのが難しいと考えています

しかし、iPhoneの販売のこの減速は、Appleのサービスセグメントの成長によって相殺されます

Appleのサービスセグメントは、しばらくの間、同社の最も急成長しているビジネスでず、サービスの売上は、2014年に12.5%、2015年に10.2%、2016年に22.3%、2017年に23%、2018年に24%増加しました

スポンサーリンク

サービスはアップルの最も急成長しているセグメント

サービスの売上は2018年度に371億9,000万ドルに達しました、これに対しNetflix(NFLX)は2018年に158億ドルの売上を報告しています

一時、Appleのサービスセグメントの12か月間の売上はFacebookに匹敵しました

2013年の売上高の9.4%を占めています、これは2014年に9.9%に上昇し、2015年には8.5%に低下しました

しかし、2016年の売上高は11.3%、2017年は13.1%、2018年は14%を占めていおり、同社では現在、売上高で2番目に大きいセグメントとなっています

のApp Storeの売上は堅調なペースで伸びる

Apple Insiderのレポートによると、Morgan Stanleyは、App Storeの収益が2015年以来最高の「月間加速」を経験すると予想していいます

同報告書は、「App Storeの純収益は8月に前年比25.8%増加し、7月の18.9%から増加し、2018年2月以来最も高く、2015年初頭以来の前年比成長率で3番目に大きな伸びとなった」と報告しています

スポンサーリンク

App Store の売上は、2019 年第 1 四半期に 255 億ドルに増加

Sensor Towerは、2019年の最初の6ヶ月間にアップルのApp Storeの売上が255億ドルと見積もっていて、これは、前期の226億ドルの売上高と比較して13.2%の増加となります

App Store は、サービスの売上の大部分を占めています、このセグメントの含まれるApp Store以外には、Apple Music、Apple Careと Apple Payが含まれます

(Via Market Realist.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)