iOS 13やmacOS Catalinaでは、「Tile」のような追跡ツールはリーシュ機能とARKit機能を持つ

iOS 13やmacOS Catalinaでは、「Tile」のような追跡ツールはリーシュ機能とARKit機能を持つ

アプリ「探す」

Appleは、6月にi​​OS 13向けに刷新された「探す」アプリを導入し、オフラインでの検索、失われたデバイスをオフにしても追跡する方法への道を開きました

これらの方針に沿って、Appleは追跡デバイスをさらに簡単にするために「tile」のようなサービスに取り組んでいると噂されており、iOS 13内の新しいコード文字列はこの新しいサービスがさらに多くの機能を提供できることを確認しています

Find My 00002 z

MacRumorsによると、ARKit「star」の画像は、サービスが失われたデバイスを見つけるために、拡張現実を使用することが示唆されていることが、iOS 13 betaで「探す」アプリの検索で発見されました

スポンサーリンク

リーシュ機能とARKit機能を提供

さらに、発見されたコード文字列は、サービスが複数のAppleデバイスにリーシュ機能を追加できることを示唆しています

たとえば、iPhoneとApple Watchを繋いでいる場合、紛失または盗難の可能性がある一方のデバイスがもう一方のデバイスの範囲外のときに通知されます

これは、理論的にはiPhone、iPad、Mac、Apple Watch、さらには将来のAirPodsでも動作する可能性があります

この機能は既にtileで利用できますが、Appleはそれをデバイスに直接焼き付けると、さらに使いやすくなります

iOS 13にアップデートした後、「探す」を有効にした場合にデフォルトでオフライン検索機能が有効になります

「設定」>「Apple ID」>「iCloud」>「探す」>「iPhoneを探す」で「”オフラインのデバイスを探す”を有効にする」が「有効」になっているのが確認できます











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)