AppleのチップパートナーTSMCは、チップの革新が来ていると予想

AppleのチップパートナーTSMCは、チップの革新が来ていると予想

ムーアの法則

ムーアの法則は、マイクロチップ技術の進歩によりコンピューターの速度と能力が2年ごとに倍増すると予想されるという原則に付けられた名前ですが、Apple AシリーズチップファウンドリーTSMCによると死んでいません

1965年にインテルのCEOのGordon Moore氏が論文で、ムーアの法則は、1975年に2年ごとに改訂する前に、高密度集積回路内のトランジスタの数が毎年約2倍になると予測しています

これは何十年も当てはまりましたが、続けることができるか悲観論があります

何年もの間すべてのiPhoneとiPadチップを製造してきた会社TSMCは反対しています

スポンサーリンク

Appleのチップは、より速く、より小さく

TSMCのマーケティングヘッドであるGodfrey Cheng氏は、「ムーアの法則はもはやトランジスタを縮小し続けることは不可能だと信じているため、死んでいると信じている人もいます」と書いています

同社はすでに7ナノメートルのプロセスでA12チップを生産しており、この秋のA13は、その改良版を使用する予定です。TSMCは、2020年初頭に5nmプロセスを使用した大量生産の準備を整える予定です

かつて台湾半導体製造会社として知られていたTSMCは、CPUとメモリの距離を減らすと性能が向上するなど、プロセッサとメモリのパッケージングのパイオニア的な取り組みも行っています

ブログ記事で、Cheng氏は「TSMCは、個々のトランジスタを縮小し、密度を向上させ続ける私たちの前に、長年のパイオニアと革新を持っていることを確実に述べることができます」と約束しています

(Via Cult of Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)