「Apple Watch Series 5」のOLEDディスプレイはJapan Displayから供給予定

「Apple Watch Series 5」のOLEDディスプレイはJapan Displayから供給予定

「Apple Watch Series 5」のディスプレイ

有名なアナリストMing-Chi Kuoによる最新の予測によると、2019年後半に発売予定の新しい「Apple Watch Series 5」のOLEDディスプレイの約20%をJapan Displayから供給供給されると言いました

Kuo氏の中国メディアへの報告が 4月の噂の繰り返しなのか、それともサプライチェーンから出る新しい情報に由来するのかは明らかではありません、また同氏は、この割合は時間とともに増加し、2年で供給全体にほぼ拡大すると考えています

Kuo氏は以前、2019年にセラミックApple Watchが登場すると予測していました

AppleWatch Series 4にはセラミックを使用できませんでしたが、これは売り上げの低さ、生産上の問題、または単にAppleがもはや必要だと感じなくなったためかもしれません

スポンサーリンク

Japan Displayは、日立、ソニー、東芝のディスプレイアームを組み合わせて、サムスンやLGディスプレイとの競争力を高めました

LCD生産への多額の投資とOLEDへの遅いシフトは、同社の見通しを損ない、救済議論につながりました

Japan Displayは、液晶パネルの注文が減少したため、数年前から苦しんでいました

(Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)