Appleは、米国で240万人の雇用を創出し支援する

Appleは、米国で240万人の雇用を創出し支援する

今後数年間でさらに多くの雇用が創出

Appleの現在米国で直接・間接的に仕事に従事している人数が190万人で、過去2年半で325,000人増加しています

いくつかの州では、その期間中に2桁の成長が見られました

これには、ノースカロライナ州の43%の増加(ほぼ15,000人の新規雇用)とフロリダの50%の増加が含まれます

ペンシルバニア州では、2016年の40,800人の雇用から現在の67,000人以上への64%の成長が見られました

Appleはまた、50州すべてで90,000人の従業員を直接雇用しており、2023年までに全米で20,000人の新規雇用を創出する軌道に乗っています

Apple footprint 00002 z

スポンサーリンク


今年の初めにサンディエゴで、Appleは1,200の直接雇用と数十万平方フィートのオフィス、研究室、研究スペースを備えた新しいキャンパスを含む拡張を発表しました

シアトルでは、アップルは高度に熟練したエンジニアリング職に2,000人の新しい従業員を追加します

(Via Apple.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)