iPhone、iPadおよびMacの関税引き上げによるコストアップをAppleは吸収し価格設定に影響しないと予測

iPhone、iPadおよびMacの関税引き上げによるコストアップをAppleは吸収し価格設定に影響しないと予測

コストアップを吸収

AppleのアナリストのMing-Chi Kuo氏は、AppleのCEOであるTim Cookがサプライチェーンを変更したため、米国の関税がAppleの価格に影響を与えることはないと考えていると言います

Kuo氏のメモによると、価格の膨張によるApple製品の需要に対する市場の懸念は誇張されていると述べ、10%の関税が提供される場合「Appleは関税による追加コストの大部分を吸収し、米国市場向けのハードウェア製品や出荷予測の価格は、米国市場の価格を引き下げる」と考えています

Kuo氏は、利益にマイナスの影響を与えるだろうが、インドでの拡大やベトナムでの生産など、中国以外の生産源へのシフトによって、影響が軽減されると考えています

スポンサーリンク

Macは2021年までかかる?

また、同氏は中国以外のiPhone、iPad、Apple Watchの製造は、2020年までに米国市場の需要を満たす可能性があると考えています

ただ、Macは別の問題であり、中国国外での生産は2021年まで米国の需要を満たすとは考えていません

Cost increases 00001 z

木曜日の午後の一連のつぶやきの中で、トランプ大統領は、おもちゃ、ゲーム、そして家電製品に対する10%の関税申請を約束しています

(Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)