Appleの委託業者はSiriの録音から「秘密の詳細情報を定期的に聞いている」

Appleの委託業者はSiriの録音から「秘密の詳細情報を定期的に聞いている」

The Guardianの新しいレポートによると、Appleの請負業者は、品質管理を提供する仕事の一環として、機密の医療情報、麻薬取引、およびセックスをしているカップルの記録を定期的に聞いていると報告しています

匿名の情報筋によると、医師と患者の間の個人的な話し合い、商談、一見したところ刑事上の取引、性的な出会いなどを含むレコーディングの例は無数にあり、これらの記録には、場所、連絡先の詳細、アプリデータを示すユーザーデータが付随していると言います

Appleは、この事実を消費者向けのプライバシー文書で明示的に開示していませんが、Siriの記録のほんの一部は世界中の会社のために働いている請負業者に渡されていると報告していますが、AppleInsider はその主張に異議を唱え、Appleは初めからSiriの録音の一部が人間によって聴取されていることを消費者に明らかにしたと述べています

スポンサーリンク


AppleはGuardianに「Siriの1日のアクティベーションの1%未満という非常に小さなランダムなサブセットがグレーディングに使用されており、使用されるものは通常数秒しかないと」語りました

Appleは、プライバシー文書の中で、AppleはSiriのデータを「Appleが他のAppleサービスの利用から得た他のデータにリンクされていない」と述べています

SiriはほとんどのAppleデバイスに含まれていますが、委託業者はApple Watchと同社のHomePodスマートスピーカーを誤った録音の最も頻繁な原因として強調しました

Amazonの場合もGoogleの場合も、キャプチャされた音声データはユーザーアカウントに関連付けられていました

Appleはいくつかの点でこれらの企業とは異なります

1つは、AmazonとGoogleは、ユーザーが自分の録音のいくつかの使用をオプトアウトすることができますが、Appleは、Siriを完全に無効にする以外には、同様の選択肢を提供しません











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)