Apple サービス担当VPSのEddy Cue氏は、Apple Musicの購読者数が6,000万人と発言

Apple サービス担当VPSのEddy Cue氏は、Apple Musicの購読者数が6,000万人と発言

有料購読者数6,000万人

Apple Musicのサービス担当Senior Vice PresidentのEddy Cue氏は、Appleのストリーミングプラットフォームが創設から成長を遂げ4年以内でApple Musicの有料購読者数が6,000万人に達したと発言しました

Appleが1月の電話会議で有料ユーザーが5,000万人に増えたことをAppleが確認してからわずか5か月後に、新しい加入者レベルの新記録が達成されました

Cue氏は、Androidなど他のプラットフォームのユーザーの数に関する詳細を提供しませんでしたが、「Appleエコシステムでは、Apple Musicが一番のストリーミングサービスである」と主張しました

スポンサーリンク


Spotify Premiumの加入者が4月に1億人の加入者障壁を突破したことで、Appleは大手ライバルのSpotifyにかなりの差をつけて遅れをとっています

4月には、Apple Musicが米国の有料加入者数でSpotifyを上回っていると判断し、その時点ではアナリストの見積もりによると、Apple Musicは 2,800万人の加入者でSpotifyは 2,600万人の加入者と予測しています

WWDCで確認したように、iTunesを別々のアプリに分割することに関して、キューはiTunesが消えたらiTunesを見逃すかどうか、そしてiTunesやアップルミュージックを好むかどうか尋ねられました

これに対してCue氏は、「もちろん、私はiTunesが好きだが、私はApple Musicはあらゆる点で絶対に良いと思います、今はもっと良いものがあるし、振り返っても意味がない」と答えました

また、分割の理由の1つは、アプリの全体的な複雑さによるもので、iTunesは時間の経過とともにより多くの機能を獲得し、一部のユーザーがいくつかのタスクを行う方法を見つけるのに戸惑ったとみています

(Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)