Apple、Forbesの「世界で最も価値のあるブランド 2019」でトップに

Apple、Forbesの「世界で最も価値のあるブランド 2019」でトップに

世界で最も価値のあるブランド 2019

AppleのiPhone販売は最近の四半期に下落しており、特に中国では安価なライバルである Huawei 社の技術と Xiaomi が牽引を得ています

スマートフォンの収益は直近の3ヶ月間で17%減少して310億ドルとなったが、その結果株価は5%上昇しました、大きな理由の一つに過去最高のサービス収入があります

同社のサービス部門には、App Store、Apple Pay、iTunes、クラウドサービスなどが含まれています

現在、iPhoneに次いでAppleにとって2番目に大きなセグメントであり、2018年には370億ドルの収益を上げ、Morgan Stanleyは2023年には1000億ドルを超えると予想しています

Forbes Valuable Brand 00001 z

スポンサーリンク

9年連続

Appleは、9年連続で、Forbesの「世界で最も価値のあるブランド」となっています

Appleブランドは、2,055億ドルの価値があり、昨年より12%増加しました、ブランドが2,000億ドルの基準を超えたのは今回が初めてです

Appleは、その顧客基盤をある製品カテゴリから別の製品カテゴリに移動させるという芸術的な形を作りました

MacユーザーはiPodを採用し、続いてiPhone、iPadそしてApple Watchを採用しました

Appleを世界で最も価値のあるものにするのに役立っているAppleエコシステムのすべてのカテゴリにわたって、ブランドがシームレスに機能することをユーザーは信頼しています

Appleが首位を維持している一方で、Googleは237%増の1,677億ドルの価値でした

(Via Forbes.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)