Apple、2019年第1四半期にウェアラブルデバイスは好調に推移するもののマーケットシェアは低下

Apple、2019年第1四半期にウェアラブルデバイスは好調に推移するもののマーケットシェアは低下

ウェアラブルデバイス2019年第1四半期

調査会社Internet data center(IDC)の新しいデータによると、ウェアラブルデバイスの2019年第1四半期の世界での出荷台数は 4,960万台に達し前年同期比55.2%増となりました

リスト・ウェアラブルデバイスが63.2%のシェアでマーケットの大部分を占めていましたが、イヤー・ウェアラブルデバイスは最も急成長を遂げ 34.6%のシェアを占めました

Appleはウェアラブルデバイスを2019年第1四半期に約 1,280万台を出荷しました

出荷台数としては2018年第1四半期は860万台で、前年同期比49.5%増でした

しかしながら、Huaweiの前年同期比282.2%増や、Xiaomiの68.2%増など中国企業の大幅な増加に伴いマーケットシェアは2018年第1四半期の26.8%から25.8%と後退しました

Appleのウェアラブルデバイスには、Apple Watch、AirPods、Beatsが含まれます
Wearable Shipping 2019Q1 00002
Wearable Shipping 2019Q1 00001

スポンサーリンク

リスト・ウェアラブルデバイス2019年第1四半期

リスト型のウェアラブルデバイスに限定すると

Appleは、2018年第1四半期の400万台から2019年第1四半期は460万台と43.6%増でしたが、マーケットシェアは12.6%から9.3%に減少しました

Appleは、2018年第1四半期はトップでしたが、中国企業のXiaomiが530万台でトップの座を獲得しています
Wearable Shipping 2019Q1 00003

IDCの見解

Appleは、Apple Watch、AirPod、そしてBeatsヘッドフォンの3つの製品ラインを提供しているので、Appleは主導的地位を維持しました。
特にApple Watchは、ユニットシェアの獲得に非常に成功していることが証明されていますが、Apple Watchの平均販売価格(ASP)が2018年第1四半期の426ドルから最新四半期の455ドルに上昇したことはさらに重要です
最新のAirPodがワイヤレス充電とASPの増加で利用できるようになったので、Appleはワイヤレスヘッドフォンのラインナップで同様の戦略を採用しているようだ

(Via iDC.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)