心拍数をモニタリングしてWWDC基調講演の最もエキサイティングな発表を判断

心拍数をモニタリングしてWWDC基調講演の最もエキサイティングな発表を判断

ECG機能を利用

Apple Watchアプリ会社のCardiogramは、ステージ上のイベント中にアプリのユーザーの心拍数を監視して最高点がいつ発生するかを確認することで、AppleのWWDC 2019基調講演の最もエキサイティングな部分が何であるかを探ります
Cardiogram WWDC 00003 z

WWDC 2019で最もエキサイティングな発表は

AppleのWorldwide Developer Conferenceの基調講演は、iOS、macOS、watchOS、tvOSなどの同社のオペレーティングシステムに加えられる今後の主な機能変更と、その時々の驚きを明らかにする場として知られています

ピーチとデモンストレーションが最もエキサイティングな発表が何であるかについて終わったあと、多くの議論が起こります、しかし、Cardiogramはどんな新しい機能がAppleユーザーの心を動かすかを決定することを目指します

スポンサーリンク

心拍数のモニタリング

Apple Watchの心拍センサーを使い、心電図は、WWDC基調講演が始まる前に、ユーザーがApple Watchに自分の心拍数を記録し始めることを可能にします

データはアプリ会社のCardiogramと分単位で共有され、会社は他のユーザーから提供されたデータとまとめられます

イベント中、専用のライブ心拍数チャートが更新され、監視スキームに参加している参加者の現在の心拍数と、過去数分間のグループレートが表示されます、理論的には、心拍数は主要な新しい発表の直後に最高になるでしょう

この実験は、心拍数の徹底的なモニタリングに関して心電図が提供する機能の上に成り立っています

1月には、健康測定基準を他の2人の人々と共有するためのファミリーモードと、医師とデータを共有する機能を導入したプレミアムサービスを開始しました

(Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)