Appleサプライヤー、FoxconnとJapan Displayは期待に反する決算を発表

Appleサプライヤー、FoxconnとJapan Displayは期待に反する決算を発表

FoxconnとJapan Displayの 2社のサプライヤは、期待に反する決算を発表しました

理由の1つとして、Appleからの予想を下回る需要が挙げられました

ロイター通信は次のように報告しています

Foxconn

Hon Hai Precision Industry Co Ltdとして知られているFoxconnは、2019年の最初の3ヶ月間の純利益が19億8,200万台湾ドル(前年同期比17.7%減)と報告しました

その結果、Refinitivがまとめた8人のアナリスト見積もりの​​平均24億8,440万台湾ドルを下回りました

その結果、株価は2%以上下落しました

Japan Display

Japan Displayの3月上半期の純損失は986億円で、前年同期の1,470億円から9四半期連続の四半期損失となりました

台湾・中国のグループとの間で救済措置を進めている同社は、前年同期の1,470億円の損失に対し、第4四半期の損失は986億円(899.22百万米ドル)であると述べました

通期の純損失は1,094億円で、Refinitivの6人のアナリストによる平均予想の134億7000万円の損失をはるかに悪化しており、5年連続の損失でした

スポンサーリンク


どちらかの結果を必ずしも読み過ぎないように注意する必要があります

Foxconnは現在、かなり多様なクライアントを抱えているため、iPhoneの販売の直接的な代理としてそのパフォーマンスを信頼することはできません

そしてJapan Displayは現在Apple用のLCDスクリーンのみを製造しています、ただiPhone XRが好調に推移していることを示しているので、これは古いモデル(iPhone 8以前)の需要が低迷していることを示唆しています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)