Appleは、シニアヘルスケア市場に深く浸透している

Appleは、シニアヘルスケア市場に深く浸透している

6月のWorldwide Developers Conferenceで、AppleはiPhoneとApple Watchを消費者の健康にさらに定着させる新機能を発表する予定です

シニアヘルスケア市場に浸透している最新の兆候

  • AppleがiPhoneを補聴器サポートと「聴覚ヘルス」セクションに統合ししています、 アメリカ国立衛生研究所によると、これは、75歳以上の成人の半数が聴覚障害のため、iPhoneが高齢者にとってより魅力的なサービスになる可能性があるといいます
  • 患者の病歴を統合して保存するiOSの機能であるApple Health Recordsは、医療記録市場を再構築するというAppleの取り組みの中心となっており、現在米国の医療システムで16%の普及率に達しています
  • Appleが新たにデータを統合するたびに、それはヘルスケア研究や治療法の決定に情報を提供するためのより強力なツールとなり、ヘルスシステムパートナーから見てその地位を高めています
  • Appleが高齢者の服薬遵守を改善することができると Apple が示しているのであれば、米国で毎年 3,000億ドル相当の損失であると見られているので、追加の健康保険契約を獲得する可能性があります

スポンサーリンク

Apple Health Recordsの5大病院パートナー

Apple Health Records 00001 z

Appleはすでに高齢の保険顧客を成長分野として特定しています、Appleは、何百万というMedicare Advantage会員にApple Watchを助成することについて、米国の民間保険会社と協議中であると伝えられています

(Via Business Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)