Apple、Qualcommとの和解の直前に、Intelの5Gモデムのリーダーを雇う

Apple、Qualcommとの和解の直前に、Intelの5Gモデムのリーダーを雇う

2月にIntelから

5Gモデム事業からのIntelの離脱は、QualcommとのAppleの和解だけではなく、その前にIntelの5Gスマートフォン技術のリード開発者を雇いました

Appleは、Appleの携帯モデムを構築するため2月に、主要なIntelプロジェクトを運営したUmashankar Thyagarajanを雇ったと、Intel幹部のMessay AmergaとAbhay Joshiが関与する電子メールの漏洩を挙げて述べました

AppleはIntelの5G作業のペースに不満を抱いていたと広く信じられている

いくつかの5G対応スマートフォンはすでに市場に出ていますが、アナリストらは、Appleは2020年のiPhone用の5Gサプライヤを選ぶための期限に急速に近づいていると述べました

スポンサーリンク

独自の5Gモデムを設計

これは、和解に向けた動きにおける重要な要因であり、さらには最優先の要因であったかもしれません

しかし最近Apple対Qualcommの裁判からの証拠が公表され、Appleはそのロイヤリティ支払いを減らすという長年の目標を持っていたことを明らかにしています

Appleは、シニアハードウェア担当副社長のJohny Sroujiの元で、独自の5Gモデムを設計していると考えられている

(Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)