Appleのサービス部門だけでも、自社として最大4,500億ドルの価値があると予想

Appleのサービス部門だけでも、自社として最大4,500億ドルの価値があると予想

サービス部門のみ

アナリストの報告によると、Appleが自社としてサービス部門を分割した場合、その事業の価値は4,000億ドルから4,500億ドルになると予測しています

Appleのサービス部門には、App StoreやiCloudから、Apple News +の雑誌購読サービスやApple TV +やApple Arcadeのような今後の追加サービスのような新しい製品まで、あらゆるものが含まれています

Appleは長年App StoreやiTunes経由で商品を販売してきましたが、同社は最近、成長指標としてサービスに重点を置くことにしました

スポンサーリンク


Wedbushのアナリスト、Dan Ives氏のクライアントへの最新のメモによると、Appleは2018年の激動の後安定しています

同氏は「高価格、AppleのiPhoneバッテリー交換プログラム、そして技術革新の欠如が減速を引き起こした」と述べています

しかし「Appleの値下げは、アジアの主要国で物事を好転させる、ゆっくりとしたプロセスを開始しました」とも言っています

Ives氏は、Appleの2019年第2四半期の収益が「悪夢のような12月四半期」後の正しい方向への一歩を表すと予測し、特に前述のサービスが予想以上にうまくいくと予想しています

(Via Cult of Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)