Apple、カリフォルニア州でのジェンダー賃金格差の縮小しようとするキャンペーンに署名

Apple、カリフォルニア州でのジェンダー賃金格差の縮小しようとするキャンペーンに署名

カリフォルニア州のジェンダー賃金格差を埋めようとする国家主導のキャンペーンに、AT&T、Airbnbなどの 13の創業企業署名者の1人として、Appleが発表されました

これは、高給のハイテク部門を含む全国の幅広い産業に影響を与えます

CA Equal Pay Pledgeと呼ばれるこのプログラムは、カリフォルニア州の女性と女児の地位委員会、TIME’S UP、カリフォルニアの最初のパートナーであるJennifer Siebel Newsomなどの団体によって支援され、CNBCが報じています

キャンペーンの一環として、企業は自主的に年間ジェンダー賃金分析を行い、採用と昇進の手順を見直し、従業員の給与平等を確実にするためのベストプラクティスを推進します

スポンサーリンク


Siebel Newsom氏は、次のように述べています

私はこれらのカリフォルニアの会社が公平な支払いを約束したことを称賛します。そして、カリフォルニアの女性と女の地位委員会およびTIME’S UPと提携して賃金格差の解消に向け努力し続けることに興奮しています。すべての人にとってより公平な未来を確実にするために、カリフォルニアの女性を高めてください

2014年以来、会社は年次ダイバーシティレポートの一部として、必須の職場監査からの賃金を含む限られた情報を公表してきました

興味深いことに、Appleは2016年に米国で賃金衡平に達したと主張しました、この問題には世界的に注目する必要があると指摘しています

(Source CNBC , Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)