Apple、A7からA12Xまでのプロセッサを指揮したエンジニアが退社

Apple、A7からA12Xまでのプロセッサを指揮したエンジニアが退社

A7からA12XまでのすべてのAppleチップコアの設計を指揮したGerard Williams IIIは先月会社を辞めたと、CNETが報じています

Appleの外部ではあまり知られていませんが、Williams氏はすべてのAppleプロセッサコアの開発をA7(モバイルデバイス用の最初の64ビットプロセッサ)からA12X(Appleの最新のiPad Proデバイスを動かすチップ)に導いてきました

近年、Williams氏の責任は、Appleのチップ用のカスタムCPUコアの設計をリードすることを超えて、同社のモバイルデバイス内のシステムオンチップ(SoC)のさまざまな部分のレイアウトを監督することまで広がっていました

同氏は、Appleの iPhone の黎明期から独自のチップをデザインしてきました

それ以来毎年、モバイルデバイスに電力を供給する新しい A シリーズのプロセッサをリリースしており、Apple は来年も早い時期に Mac コンピュータ用に独自のチップを設計することを期待していました

スポンサーリンク

Appleにとっての損失

彼の仕事は将来のAppleプロセッサに現れるでしょう、そして彼は60以上のApple特許の発明者としてリストされています

電力管理、メモリ圧縮、およびマルチコアプロセッサテクノロジに関するものもあります

Williams氏は、Johny Srouji氏が引きいるチップ事業を去った著名なAppleのエンジニアではありません、2年前 Apple SoCのアーキテクトであるManu Gulati氏はGoogleに同様の役割を引き継ぎました

Gulati氏がAppleを去った後に Williams氏は、SoC アーキテクチャを監督する役割を引き継ぎました

2010年にAppleに入社する前は、12年間にわたり、ほぼすべてのモバイルプロセッサでそのデザインが使用されているArmで働いていました、同氏は未だ他の会社には参加していないようです

(Via CNET.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)