Appleが、Apple Cardから利益を得るための 4のコストカット

Appleが、Apple Cardから利益を得るための 4のコストカット

Apple Card

AppleがGoldman Sachsと提携して次のクレジットカードを発表したとき、Apple Cardの特徴は、手数料ではありませんでした

Appleは現物のカード取引で1%からApple製品の購入で3%までの範囲のキャッシュバックを提供しています

そのため、Apple Cardから同社がどうやってお金を稼ぐのか疑問に思う人がいます

たとえAppleが業界の他の企業よりも低い金利を請求することになったとしても、カードからはまだかなりの利子収入を得ることができます
Apple Card 00002

スポンサーリンク

4つのコストカット

1. マーケティング費用や広告宣伝費

カード会社は通常、顧客獲得に多額の資金を費やしています、銀行はマーケティング費用や広告宣伝費を支払わなければならず、通常、新規顧客を引き付けるために入金ボーナスを提供しなければなりません

Appleは既存のApple Payユーザーに既製のマーケットを持っており、ブランドのファンは登録を切望しており、カード専門家はいかなる種類の登録ボーナスも提供するつもりはないとみています

2. 低い不正使用率

物理カードにカード番号が記載されていないこと、および可能な限りApple Payを使用することを顧客に奨励することにより、Apple Cardの不正使用率が大幅に低下する可能性があります

多くの取引がFace IDまたはTouch IDによって検証されます

3. サポートコストの削減

マップビューなど、顧客が認識していない請求料金を減らすことができることと、メッセージチャットボットを使用することで、サポートコストが削減される

4. カード発行会社に支払う手数料よりも低い

ppleは自社製品の購入に対して1%の追加料金を顧客に支払うが、それは現在他のカード発行会社に支払っている交換手数料よりも少ない可能性が高い

以上のことから、Apple Cardから収入を得ることは、他のカード会社よりもAppleにとって簡単となり、その利子収入の多くは利益として保持されます

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)