AirPods(第2世代)で「Hey Siri」コマンドを使用する方法

AirPods(第2世代)で「Hey Siri」コマンドを使用する方法

AirPods(第2世代)

Appleは2019年3月にAirPodsワイヤレスイヤホンをリフレッシュし、前世代のAirPodとは一線を画す多数の新機能を追加しました

これらの機能の1つは、Siriを完全にハンズフリーで呼び出して、さまざまなコマンドを話したり質問したりできる機能です

第1世代のAirPod では、通話を開始する前に、Siri をアクティブにするために左右のイヤホンでデフォルトのダブルタップジェスチャーを使用する必要がありました

しかし、AirPods(第2世代)では、「Hey Siri 」と言うだけでいいので、それに続く単語にデジタルアシスタントが応答する準備が整います

ダブルタップジェスチャーを使用して新しいAirPodにSiri を呼び出すこともできますが、「Hey Siri 」呼び出しを使用することの即時性は、自分の手で作業する傾向がある場合にははるかに便利です

スポンサーリンク

コマンドの簡単なリスト

基本的な再生コマンドでもインターネット接続が必要です

  • 「音量を上げ下げする」または「音量を50パーセント上げる」
  • 「再生」または「音楽を一時停止」
  • 「音楽を再開してください」
  • 「[ソング名]を再生する」または「[Podcast名]を再生する」
  • 「お気に入りリストを再生して」
  • 「新しい音楽リストを再生して」
  • “前後にスキップ”または “前後にスキップX秒/分”
  • 「次の曲に進んで」
  • 「AirPodのバッテリー寿命はどうですか?」

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)