iPhoneのアップグレードサイクルが2019年には昨年より 1年延びると予測される

iPhoneのアップグレードサイクルが2019年には昨年より 1年延びると予測される

アップグレードサイクルが長期化

BernsteinのToni Sacconaghi氏は、「交換サイクルは長期化している……」と語りました

Appleのバッテリー交換プログラム、通信事業者の補助金の変更、および値段の高さなどの理由で、iPhoneの使用期間が長くなっていて、アップグレードサイクルは2018年度は約3年ごとですが、2019年度は約4年ごとになると予測しています

AppleのCEO、Tim Cook氏も先月の2019年第1四半期の決算報告時に「顧客は、以前よりも少し長い間、以前のiPhoneを使用し続けています」との認識を示しています

スポンサーリンク

2019年度の台数は-19%減と予想

Sacconaghi氏によると、2019年度には、Appleのインストールベースの16%(9億台のiPhone)が、新しいiPhoneを購入する予定だと言っています

また、「Apple を取り巻く唯一の最も重要な論争は iPhone の交換サイクルであり、iPhone のインストールベースは昨年 9% 増加しているにもかかわらず、2019年度には 19% ダウンすると予想している」言います

同氏は、Appleはこれらの数字を明らかにしていないため、iPhoneの代替曲線、解約率、スイッチャー、中古iPhoneの販売数、初めてのスマートフォンユーザーの数字を含む「無数の未知数」があるとも、語っています

(Via CNBC.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)