CIRP レポート、11月にiPhone XRが総iPhone販売数の32%を占める

CIRP レポート、11月にiPhone XRが総iPhone販売数の32%を占める

%|

CIRP(Consumer Intelligence Research Partners)の最新のレポートによると、iPhoneの総売上高の32%を占めたのは iPhone XRでしたが、昨年のiPhone 8/8 Plusの39%と比較してシェアとしては低かったと報告しています

CIRPの最新レポートでは、2018年11月のiPhoneの全モデルを分析し、そのデータを前年と比較して、iPhone XR、XS、およびXS Maxが休暇期間中にどのように成果を上げたかを調べました

調査によると、iPhone XRは、総iPhone販売の32%を占め、2017年のiPhone Xの30%より優れていましたが、iPhone 8/8 Plusの39%を下回りました
CIRPs research 00001

スポンサーリンク


また、CIRPは興味深い点として注目しているのは、休暇期間中に、より多くのユーザーがAndroidが新しいiPhoneに切り替えたことです

iPhone購入者のうち​​、82%がiPhoneからアップグレードし、16%がAndroid携帯からアップグレードしました

2017年11月に発売されたiPhone Xでは、86%がiPhoneからアップグレードし、11%がAndroidからアップグレードでした

2017年9月のiPhone 8および8 Plusの発売以降、iPhone Xが発売されるまでの間に、87%がiPhoneからアップグレードし、Androidからアップグレードは12%でした

2018年のiPhoneラインナップの売れ行きについては、Appleが第2四半期(カレンダー第1四半期)の受注を最大400万台まで削減すると予測しているが、そのうち250万台がiPhone XRだと言われています

(Via 9to5Mac.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)