Appleの2番目の収入源は、Nikeより急速に成長している

Appleの2番目の収入源は、Nikeより急速に成長している

Appleのサービス事業

Appleの「サービス事業」は、Appleにとって非常に重要なビジネスとなっています

サービスは、iTunesからApp Store、Apple Music、iCloudなどのすべてを含むカテゴリになります、これは、デジタルコンテンツやサービスから現金を生み出すアップルの事業の一部であり、今大変重要なiPhoneの後にAppleの第2の収益源となった重要な原動力です

Appleは、11月1日に第4四半期の決算報告をおこないます

Appleの株式を扱う20人のアナリストからの平均推定値は、このカテゴリーが来週95億ドルから128億ドルの見積もりをしています、これは 21.23パーセントの増収を示すと言います
Apple Servis 00001

スポンサーリンク


それは着実に成長しており、AppleのiPadやiMacのビジネスラインよりも大きなカテゴリーにもなっていますが、前年同期の34%の売上増からわずかに減少します

昨年の34%の売上高の伸びには、たぶんGoogleからの640万ドルの一時的な収入が含まれていましたこれを取り除くと、2017年9月のサービスの伸び率は実際には24%に過ぎません
Apple Servis 00002

Appleは、2020年までにサービス収入を1四半期あたり140億ドルに倍増させると言います、Morgan Stanleyのアナリスト、Katy Huberty氏は未だ成長する余地があると言います

同氏は、Appleのサービス収入をデバイス1台あたり30ドルと見積もります、総デバイスインストールベースの20%が現在、Apple Musicのような有料サービスに加入していると言い、これは、今後5年間で、Appleは最終的に収益の伸びの50%以上をサービス部門に帰することができるという予測をもたらしました

Apple はまた、他の製品の中でいくつかの種類のサブスクリプションのニュースの提供が噂されているために、Appleがこのカテゴリーをさらに素晴らしいものにすると考えられます

(Via Apple 3.0.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)