Apple自律試験車が、8月24日に事故に巻き込まれる

Apple自律試験車が、8月24日に事故に巻き込まれる

Apple Car事故に巻き込まれる

Appleは、クパチーノの道路で何台かの Lexus SUVで自家用車をテストしており、8月24日にその車の1台が事故に巻き込まれました

Appleはカリフォルニア州のDMV(車両管理局)に自律的な車両の衝突を開示する必要があり、その事故に関する情報はDMVのウェブサイトに掲載されています

事故報告書によると

8月24日午後2時58分、Kifer Roadからローレンス・エクスプレスウェイ・サウスに合流する準備を整えながら、自律モードのApple・ビークルが追突された。Apple試験車両2016日産リーフが約15 MPHでアップルの試験車両を接触マージを完了するための安全な間隔を待って1未満mphに走行しました。両方の車両が損傷を受け、いずれの当事者も負傷者は報告されなかった

スポンサーリンク


Appleは2017年初頭からカリフォルニア州クパチーノのLexus RX450h SUVで自己診断ソフトウェアをテストしていますが、これはAppleの車両が事故に遭ったのは初めてのことです

Appleのテスト車両には多数のセンサーとカメラが装備されていますが、自律しているものの、それぞれには一対のドライバが乗車していて、現時点では、Appleは60台以上の車でソフトウェアをテストしています

Appleが自走用ソフトウェアで何をしようとしているのかはまだはっきりしていないが、それは既存の車に追加することができ、Appleが2025年までにAppleブランド車を開発しようとしているという噂もあります

Appleはまた、パロアルトからインフィニットループへの頭字語である「PAIL」と呼ばれる自己運転シャトルサービスに取り組んでいます

シャトルプログラムは、シリコンバレーのAppleオフィス間で従業員を輸送します

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)