次のMacOS 10.14は、商標出願からMojave、Sequoia、VenturaまたはSonomaの可能性も

次のMacOS 10.14は、商標出願からMojave、Sequoia、VenturaまたはSonomaの可能性も

Appleの商標出願

Appleは、6月4日(現地時間)にWWDC 2018の基調講演をおこないます、この時に発表するmacOSの次世代版であるmacOS 10.14の名称は非常に興味があり重要です

Appleが、カンボジアとフィリピンで提出した一連の商標出願から、使われる可能性のある名前が見つかっています

両国では、ペーパーカンパニーを使用してAppleは2014年に浮上した一連のカリフォルニアランドマークの名前にいくつかの新しい商標を出願しました、フィリピンでは、AppleはMojave、Sequoia、Sonoma、Venturaを、カンボジアではMojaveだけの商標を申請しています
Macos10 14 Name 001 z
Appleがこれらの特定の国でこれらの名前の新しい商標をなぜ提出しているのかは不明ですが、これらの新しい提出はmacOS 10.14にこれら4つの名前のいずれかを使用できることを示唆しています

Mojaveが両方の場所に提出された名前だとすれば、それはAppleのフロントランナーになる可能性があります

2014年にこれらの商標と一緒に商標登録された他のカリフォルニアのランドマーク名称は、Mojave、Sequoia、Sonoma、およびVenturaに限定されており、それら以外に新たにAppleによる商標出願は行われていません

スポンサーリンク


Macos10 14 Name 002 z1商標出願では、Appleは商標を使用するには、継続的に名前を保持するために継続的に提出する必要があります、Appleは Rincon、Grizzly、Farallon、Montereyなど、2014年の元々のファイル提出を有効にしていますこれらの名前はすべて将来のバージョンのmacOSでも使用できます

Mojave、Sequoia、Sonoma、VenturaはAppleが新しいアプリケーションを提出した唯一の4つの名前です

2014年の他の名前はAppleによって放棄されており、将来のmacOSタイトルとして実行される可能性は低いと思われます

過去数年間、Appleはシエラネバダ山脈に関する名前を使用してきました
macOS 10.10 Yosemite、macOS 10.11 El Capitan、macOS 10.12 Sierra、MacOS 10.13 High Sierraでした、他にもいくつかの名前がありましたが、現在のところAppleは新しい場所に進出する予定です

カリフォルニアのランドマークは、2013年にOS X Mavericksがリリースされて以来、アップルの命名方式になっています

Mojaveはカリフォルニアの砂漠で、とVenturaはカリフォルニアの北部に位置し、ワインカントリーの地として人気の都市、Venturaは南カリフォルニアとそのサーフィンスポットで有名な都市です
Sequoiaは、シエラネバダ山脈の南部に位置するセコイアとキングスキャニオン国立公園を代表するもので、セコイア国立公園には巨大なセコイアの木があります

アイキャッチ画像:Jeff Sullivan for Flickr
(Via MacRumors.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)