Appleの2万人規模の新キャンパス候補地にノースカロライナ州中央部と北部バージニア州

Appleの2万人規模の新キャンパス候補地にノースカロライナ州中央部と北部バージニア州

Appleは1月、新しいキャンパスで米国の事業を拡大する計画を発表しまし、Appleは現在、2万人もの従業員を収容することができる新しいキャンパスの場所を探しています

ノースカロライナ州のリサーチ・トライアングル地域

Businessinsiderによると、トライアングル・ビジネス・ジャーナルが、ノースカロライナ州中央部のリサーチ・トライアングル地域がアップル社の新しいキャンパスとして検討されていると発表したと伝えています

これは、ノースカロライナ州知事ロイ・クーパーとトニー・コープランド州商務長官が5月11日にアップル社のCEOティム・クックと会見したことです

リサーチ・トライアングル地域は、5月13日にTim Cook氏がスピーチした母校であるデューク大学やノースカロライナ州立大学が近接しています

新しいキャンパスの場所を探すためのAppleの調査は秘密裏に行われています、これはAmazonの第2の本部の検索とは対照的でです
New Campas 001 z

スポンサーリンク

北部バージニア州も候補だがAmazonと競合か?

一方、the Washington Postによると、北部バージニア州も候補者となる可能性がある。州の当局者はは、アーリントン、フェアファックス、ラウドウンの各郡で、Appleの人々に場所を提案したと伝えられています

Ralph Northamバージニア州下の経済開発担当者は、Appleの代表が2万人を収容するために400万平方フィートのオフィススペースを探していると述べ、その額はペンタゴンの約2/3であり、Amazonが第2の本部を求めているものの約半分でとも述べています

orthamのスタッフがApple向けに提案したサイトには、クリスタルシティのオフィスビルと開発サイト、革新技術センターの近くの個人所有のLoudoun郡の土地、TysonsのScotts Run開発などがあります

この地域の、税制上の優遇措置は、Appleを新しい地域に誘い込むパッケージの一部である可能性が高いが、Cook氏は「オークションのようなプロセス」を望んでいないと述べています

(Via Businessinsider , the Washington Post)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!

 







関連記事

スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)