2018年Q1のスマートフォンの販売数は2%減少、平均販売価格の21%上昇はiPhoneが寄与

2018年Q1のスマートフォンの販売数は2%減少、平均販売価格の21%上昇はiPhoneが寄与

GfKからの新しいデータによると、スマートフォンの世界的な需要は3月期に2%減少したが、平均販売価格(ASP)は21%上昇し、顧客がお金を節約しようとしていると言うメディア説とはまったく矛盾しています

顧客は「高価なモデルを選ぶ傾向がある」

スマートフォンの需要の減速は、Appleにとって大きな問題であると予測されています

しかし、ドイツの研究グループGfKは、業界全体の販売台数が昨年から減少した一方で、「消費者はスマートフォンブランドが提供する最新の革新を受け入れるように、より高価なモデルを選ぶ傾向がある」と指摘しました

GfKは、スマートフォンの平均販売価格(ASP)が前年比21%増の374ドルとなったと発表しました、これは18%の売上成長率成熟産業にとっては例外的だとと述べています

スマートフォンの平均販売価格の大幅な伸びはAppleによるものです

Androidやその他のマイノリティモバイルプラットフォームを使用している他の携帯電話メーカーは、Androidの携帯電話の平均販売価格が過去10年間で約450ドルから現在の平均販売価格である200ドル程度まで漸減しています

ストラテジー・アナリティクスは8月、サムスンのギャラクシーS8の販売台数が227ドルから235ドルに上昇したと発表しました

スポンサーリンク

平均販売価格の上昇は、AppleのiPhone

Samsungの平均販売価格は、AppleのiPhoneと同列ではありません、AppleのiPhoneは650ドル近くです

昨秋のiPhone 8とiPhone Xのリリースは、Appleの平均販売価格を800ドルにしました、これは平均販売価格の急激な変化で、Appleと新しいプレミアムモデルの運命を予測した誰もが間違っていたことを示しています

世界的なスマートフォンの平均販売価格の374ドルに貢献したのは、約235ドルの平均販売価格で販売されているSamsungのスマートフォンによって促進されなかったことは明らかです

また、他の携帯電話メーカーは高価な携帯電話をリリースすることを切望しているが、これらのモデルは大量に販売されてはいません

平均販売価格の伸びは、高価なiPhoneの売上によるものです

ハードウェア製品とサービスの提供

成熟しつつあるグローバルなスマートフォン市場で、Appleは競合他社が一致出来ていないサブスクリプション処理を含むプレミアムハードウェア製品とサービスの提供で独自に作り上げています

さらに、AppleはApple WatchやAirPodsなどのアクセサリー製品において有利な新市場を独自に創造し、支配しています

(Via 9to5Mac.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)