Apple、AirPodsの充電ケース自体をBluetoothスピーカーにすることを検討中

Apple、AirPodsの充電ケース自体をBluetoothスピーカーにすることを検討中

AirPodsの充電ケース

AirPodsは充電する必要があります、それ以外の時は必要ありません

このAirPodsの充電ケース自体が、Bluetoothスピーカであればどのような利点があるでしょう?

米国特許商標庁に提出された記述では、ワイヤレスイヤホンの場合充電ケース内にある時に充電されます
充電ケースはワイヤレスイヤホンで受信されたメディアを介して、そのメディアを受信するように構成されています

こうすることにより、AirPodsが充電している間も、ユーザーは音楽を聴くことが出来ますAirPod charging Speaker 001

スポンサーリンク

AirPod充電ケースのより大きな役割

Appleは、充電するだけでなく、もっと多くの機能をケースに追加することを検討しています

この特許は、AirPodとケース(iPhoneに加えて)とのペアリングをBluetoothと説明しているので、充電ケースから音楽をストリーミングすることができます、このケースは、有線接続でオーディオを取得します

特許書類には、このケースには、イヤホンがケースに入っていないときに、無線イヤホンに無線で通信することができる、それ自身の無線ラジオがさらに含まれていても良いし、ケースは非無線ソースからオーディオ信号を受信するための入力ポートをさらに含み、ソースから受信したオーディオをワイヤレスイヤホンに無線で送信するように構成されてもよい

これは、AirPods が複数のデバイスと同時にペアにできるため、実用的だといえます

(Via Cult of Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)