全米の法執行機関は、iPhoneの暗号化をバイパスするための比較的安価なツールであるGrayKeyを購入している

全米の法執行機関は、iPhoneの暗号化をバイパスするための比較的安価なツールであるGrayKeyを購入している

Motherboardの調査によると、全国の法執行機関は、FBIが暗号化バックドアを再び押し進めている間に、iPhoneでの暗号化をバイパスするための比較的安価なツールであるGrayKeyを購入しています

FBIのディレクター、Christopher Wrayは、最近、法執行機関は暗号化されたデバイスに保存されている証拠に「ますますアクセスできなくなっている」と述べました、しかしWrayはすべての真実を伝えていません

マサチューセッツ州内の機関の文書、オンライン記録、法執行当局との会話に基づくMotherboardの調査によると、全国の警察と連邦政府機関が最新のiPhoneをロック解除し、暗号化を迂回する比較的安価なツールを購入しています、多くの文書は Motherboardが公的記録要求を使用して入手しました

ジョンズ・ホプキンスの情報セキュリティ研究所の助教授、暗号技術者であるMatthew Green氏は、MotherboardにTwitterのメッセージで次のように語りました

これは、州や地方の警察でさえ、多くの状況でこのデータにアクセスできることを示している。これは、FBIがこれらの電話機にアクセスできないということについて、矛盾しているようだ

スポンサーリンク


GrayKey自体は、サイバーセキュリティ会社Malwarebytesによって公開された写真によると、iPhoneを接続するための2本のThunderboltケーブルを備えた小型の4×4インチボックスです

このデバイスには、オンライン接続が必要な15,000ドルと300回のロック解除(または電話機ごとに50ドル)が可能な1つのバージョンと、顧客が望む数のiPhoneをクラックさせるオフラインの30,000ドルのバージョンの2種類があります

GreyKeyが克服する問題は、iPhoneがデフォルトでユーザーデータを暗号化することです

物理的に所有している人は、通常、連絡先リスト、保存されたメッセージ、写真など、電話のデータにアクセスすることはできません、Malwarebytesの記事によると、 GrayKeyは6桁のパスコードでiPhoneのロックを解除できるといいます

(Via Motherboard.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)