Apple、iPhoneやiPadにIBM Watson Services for Core MLにアクセスする開発者用コンソールを提供

Apple、iPhoneやiPadにIBM Watson Services for Core MLにアクセスする開発者用コンソールを提供

AppleとIBMは、エンタープライズアプリケーションをiOSデバイスにもたらすために、既存の契約を拡張する新しい統合を展開しています

Watsonは、IBMの人工知能サービスで、Core MLはAppleの機械学習統合フレームワークで、これはAIのPDFと呼ばれています、これらを統合することでAppleとIBMの顧客は、必要なデータ・モデルを常にそれらのデバイスに持たせることができます

Appleデベロッパニュース

Appleデベロッパーニュースでは

OSアプリにインテリジェンスを組み込むための新しい方法を発見しましょう。IBM Watson Services for Core MLを使用すると、iPhoneやiPadから強力なWatson機能にアクセスするアプリケーションを簡単に構築できるため、時間の経過とともに向上する動的でインテリジェントな洞察を提供できます。あなたのアプリは、Watson Servicesを使って画像を素早く分析し、ビジュアルコンテンツを正確に分類し、モデルを簡単に訓練することができます

スポンサーリンク

IBMニュース

IBMニュースでは

IBM Cloud上のWatsonサービスは、さまざまなパブリックおよびエンタープライズ・データ・ソースからアプリケーションまで、豊かで関連性の高いインサイトを提供します。ワトソンのデータとプライバシーに対するIBMのアプローチは、クライアントデータと洞察をIBMまたは第三者と共有しないこと、およびクライアントデータが一元化された知識グラフの訓練に貢献しないことを保証します


AppleのCore MLは、MLモデルをあなたのアプリケーションに統合するための基盤となる機械学習(ML)フレームワークです。コアMLは、最小限のメモリ占有量とバッテリ消費の影響でアップル製品に最適化されたパフォーマンスを提供します。データはローカルに保存され、デフォルトで暗号化されるため、ユーザーのプライバシーは保護されます

Core ML 002Core ML 003
WatsonとCore MLは、企業顧客にとって補完的なサービスです。それは、IBMのデータモデルを人々が必要としたい場所に置くことを可能にし、アプリケーションにおけるAIの共通配備インターフェースとしてのCore MLの継続的な勢いを示しています

Core MLは、開発者が専門家でなくてもアプリケーションに機械学習を簡単にもたらすことができます、Core MLはモデルをローカルで実行し、超高速で、機密情報がデバイスに保存されるためプライバシーを保護します
Watson Servicesは、インテリジェントエンタープライズアプリケーションの次世代を鼓舞します

画像元:Apple
(Via iMore.)


「IBM Watson Services for Core ML」の詳細はAppleのこちらに記載されています












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)