Appleのサービス事業は活況を呈し、iPhone Xの需要が軟化したことを相殺する

Appleのサービス事業は活況を呈し、iPhone Xの需要が軟化したことを相殺する

収益低下の谷間を埋める

Appleのサービス事業は活況を呈しており、iPhone Xの需要が軟化したことを相殺するだけでなく、今四半期に到着すると予想される季節的な収益低下の谷間を埋めることができる

RBCのアナリストAmit Daryanani氏によると、Appleは、「インストールベースの収益増加」と「総iOSインストールベースの成長」により、今年サービス収益が約20%伸びると予測しています

昨年の四半期の電話会議でApple CEOのTim Cook氏は、同社は2020年までにサービス事業の規模を2倍にして48億〜500億ドルにすることを目標としている、と述べた
この目標は、現在300億ドル以上になるとDaryananiは指摘しています

Appleのサービスポートフォリオには、App Store、iTunes、Apple Music、AppleCare、Apple Pay、iCloud、ライセンスが含まれます
直近の四半期において、アップルはサービス部門で前年比13%増の85億ドルの売上高を計上しました
Services business 001

スポンサーリンク


Daryanani氏のコメントは、様々な業界アナリストがiPhone Xのソフト需要を指摘しており、その高価なタグのために携帯電話が期待通りに販売されていないと指摘しています

野村インスティネットのJeffrey Kvaal氏はレポートで、「われわれの需要チェックは、2018年のiPhone需要の改善をほとんど示唆しておらず、対応しているサプライチェーンの落ち込みは、iPhoneの期待がまだ底を打っていないことを示唆している」としています

アナリストは、「市場のハイエンドではさらにトラブルの兆しが見える」と見ています
韓国のKvaalの同僚たちは、Samsung Galaxy S9のプリコーダーが30%減っていると指摘しているため、高価な携帯電話への関心は低く、Apple特有の問題ではありません

(Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)