Apple、iPhoneが2017年Q4にスマートフォン利益シェア87%を獲得

Apple、iPhoneが2017年Q4にスマートフォン利益シェア87%を獲得

72%から87%へ

2017年第4四半期に、AppleのiPhoneがスマートフォン利益シェアの87%を獲得したと伝えています

Canaccord Genuityによると、Appleの利益率は、iPhone XやiPhone 8シリーズのような高級機種のおかげで、この業界の羨望です、Appleのスマートフォン利益シェアは、9月の72%から増加しました

Canaccordのアナリスト、Michael Walkley氏は、
「iPhone Xの強力な販売と、高い価格ポイントと製造効率の向上を考慮すると、(売上高はAppleにとって)高い利益率を維持すると考えている


Appleは、第4四半期にインストールベースの2桁台の成長を遂げ、プレミアム層のスマートフォン市場でトップシェアを拡大​​し続けており、iPhoneのインストール台数は2017年に6億3,500万台を超えたと考えている」と語っています

スポンサーリンク


市場調査会社のガートナーは、2017年第4四半期にAppleがエンドユーザー向けにスマートフォンの売上の17.9%を占め、市場の18.2%を獲得したSamsungに次ぐ第2位であると述べました

Appleよりも多くのユニットを販売しているにもかかわらず、Samsungはスマートフォンの営業利益で2番目に多く、業界全体の利益の10%を占めていた、とWalkley氏は述べています

ガートナーは、2017年通年では、Appleはスマートフォン全体の売上の14%をエンドユーザーに、Samsungは20.9%を獲得したと指摘しました

Walkley氏によると、Appleは2018年前半にSamsungとの競争激化に直面する可能性が高く、SamsungはちょうどAppleのiPhone Xと比較して大幅に安価な値段が付けられたGalaxy S9スマートフォンのラインアップを導入しました

$ 999から始まるiPhone Xの高額な価格は、アーリーアダプターから次の段階のアダプター層のスマートフォン需要を制限している、と彼は語っています

(Via Investor’s Business Daily.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)