Apple、米国でMid 2011 モデルの iMacの修理を可能にするパイロットプログラムを開始

Apple、米国でMid 2011 モデルの iMacの修理を可能にするパイロットプログラムを開始

パイロットプログラムを開始

Appleは本日、内部で、Apple StoreとApple認定サービスプロバイダがMid 2011の 21.5インチと27インチのiMacモデルの修理サービスを提供することを可能にする新しいパイロットプログラムを開始すると発表ししました、開始は来月からとなります

このパイロットプログラムは、MacRumorsが取得した社内メモによると、米国では2018年3月1日から2018年8月31日までの間にのみ利用可能となります
パイロットが終了した後、法律で定められている限り、修理はカリフォルニア州とトルコでのみ可能となります

iMacのディスプレイとヒンジ、ロジックボード、グラフィックスカード、ハードドライブまたはSSD、電源、およびその他のコンポーネントは、Appleおよび認定サービスプロバイダが通常修理できますが、交換部品の正確な入手可能性は未だ残っています、RAMとストレージのアップグレードが引き続き提供されるかどうかは不明です

スポンサーリンク


Appleは、通常、製造されなくなってから5年後まで、Mac用の修理や交換部品を提供しています

2013年3月に最後の教育専用の構成が中止されたため、Mid 2011年のiMacモデルはこのカットオフに近づいていますが、これらのマシンは今後もさらに6ヶ月間サービス対象となります

Appleは、パイロットプログラムが最終的に他のヴィンテージ製品に拡大するかどうか、または米国外で入手できるかどうかは特定していません

画像元:MacRumors
(Via MacRumors.)











スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)