アナリストがAppleの2018年第1四半期決算で期待していること

アナリストがAppleの2018年第1四半期決算で期待していること

2018年第1四半期決算

Appleは、2月1日(現地時間)に2018年第1四半期決算を発表する予定です

2017年12月31日に終了した期間の業績はプラスになるはずだが、第2四半期のAppleの指数見通しはやきもきするものです

UBSのアナリスト、Steven Milunovich氏は、「12月の業績は指針とコンセンサスを容易に上回るだろうと期待している」と語っています

同氏は、四半期の売上高が893億ドル、ガイダンスから約23億ドル増えると予想しています

また、RBCのアナリスト、Amit Daryanani氏は、Appleの第1四半期の利益についても同様に肯定的であり、同社はAppleが888億ドルの収益を上げると予想してます

Appleにとっては素晴らしいことだが、投資家は第2四半期に予想を下回っていると指摘する可能性について懸念しています
この危惧は、予想よりも消費者の関心が低いためAppleが$ 999のiPhone Xの生産を削減しているという報告書に根ざしており、Appleの株価は、火曜日に取引日の前日比0.99ドル安の166.97ドルで取引を終えました

ウォールストリートジャーナルによると、BernsteinのアナリストToni Sacconaghi氏は、Appleが第2四半期にiPhoneの総販売台数を5,150万〜5,700万台にすると発表した
ザ・ジャーナル紙によると、現在の見積もりでは6,100万台が要請されています、ザ・ジャーナルによる別の記事によると、AppleはiPhone Xの生産を4,000万台から2,000万台に減らしている

それは大規模な削減であり、それが本当であることが判明した場合、特にAppleの収益が依然としてiPhoneの売上に大きく依存しているという事実を考えるとき、Appleにとって深刻な問題であることを証明します
同社の収益の50%以上が2017年第4四半期の携帯電話からのものででした

スポンサーリンク


しかし同時に、Appleは単価の上昇や平均販売価格の恩恵を受けることができます
これは、Appleが現在、iPhone SE、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xの8つのiPhoneモデルを販売しているからで、Appleの利益率も向上します

その後、より多くのユーザーが標準のiPhoneよりも高いASPを提供するAppleの大画面であるPlusデバイスに移行しているという事実があります

また、スマートフォン全体の需要が減速しているにもかかわらず、Appleのサービス収入は増加を続けていることを指摘する価値があります
Appleの長期計画は明らかに、Apple MusicやiCloudなどのサービスをビジネスの大部分に変え、同社はすでにその目標を達成する道を歩んでいます

(Via YAHOO! Finance.)


2017年11月2日に、Appleは2018年第1四半期決算について次のガイダンスを提供しました

  • 収入は840億〜870億ドル
  • 粗利益率は38%から38.5%
  • 営業費用は76.5億ドルから77.5億ドル
  • その他の収益/(費用)6億ドル
  • 税率25.5%













LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)