Apple、HomePodはロスレスFLACオーディオ再生をサポート

Apple、HomePodはロスレスFLACオーディオ再生をサポート

ロスレスFLACオーディオ再生をサポート

米Appleは、昨日「HomePod」の予約開始日と発売日を発表しました

「9to5Mac」によると


HomePodの仕様は、Appleがデバイスのオーディオ品質について真剣であることを示しています。今日、私たちはスマートスピーカーがすぐにFLACをサポートすることを発見しました

FLACは可逆フォーマットです。つまり、圧縮はまったくなく、録音はそのまま維持されます
これは、SpotifyやApple Musicなどのほとんどの音楽ストリーミングサービスで使用されている、通常は256または320Kbpsに圧縮されている非可逆音声圧縮とは違います

オーディオファンコミュニティは、何年も前からFLACのサポートをAppleに求めています、同社では独自のロスレスフォーマット、ALAC、Apple Lossless Audio Codecを使用しています
Apple Lossless Audio CodecはApple独自のエコシステムでのみサポートされています
Homepod rerease 002 png

スポンサーリンク


Appleは、昨年、主要なプラットフォームのすべてに普遍的なオープンソース標準であるFLACのサポートを追加しました
ほとんどの人がこのオーディオフォーマットを使用することはありませんが、Appleが特にHomePodでオーディオを真剣に受け止めているのはうれしいことです

オーディオを再生する唯一の方法はワイヤレスであるため、FLACをサポートすることはHomePodにとって重要なステップです

従来、Bluetoothなどの無線フォーマットは、帯域幅要件が高いため、ロスレス再生が制限されていました
しかし、AirPlay 2の外観からは、Appleブランドのスマートスピーカーにロスレスなオーディオを送信することができます

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)